カテゴリ:石原稔久( 8 )
石原稔久陶展 明日は16時半まで
f0380269_01053619.jpg

石原稔久さんの個展はまだまだ続いて12月5日まで。
もちろん最初よりは減ってますが、まだたくさんご覧いただけます。

明日は16時半までとなります。よろしくお願いいたします。




[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-21 01:07 | 石原稔久
石原稔久陶展はじまってます
f0380269_01014791.jpg

今日で石原稔久さんの個展も三日が経ちました。
初日からたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
楽しい時間はあっという間に過ぎていき、ようやくゆっくり振り返っています。

皆さま、ひとつひとつ丁寧にご覧いただき、
店内のあちらこちらで作品とのいい出会いがあったようで嬉しく思います。
やっぱり石原さんの作品はいいんですよね。
ずっと見てたくなりますねーっていろんな方と言いあってます。

石原さんの作品、Kfleursさんの植物、
囍茶さんの中国茶、囍茶さんと有里さんの茶布。
自然に心地よく馴染んでいました。
私が思うのは、それぞれこだわりと芯はありつつも、
その核には気持ちのよい明るさがあるというのが
共通点ではないかと思います。

写真は初日が終わり、これから後片付けというところ。
たくさんお茶を淹れていただきました。
お茶のあとの皆さんの幸せな顔が印象に残りました。



[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-21 01:04 | 石原稔久
石原稔久さんの植木鉢
f0380269_18063575.jpg

石原さんの個展に植木鉢が届くとしきりに言っておりますが、

DMの表紙の写真右に写っているのが植木鉢だなんて誰か気がつきました!?

この写真のもそう。

これはオブジェとして飾っておくのもよさそうだなあ。


たくさん届いたいくつかにはK fleursさんに植物を植えていただいてます。




[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-14 18:09 | 石原稔久
石原稔久さんの片口
f0380269_14421635.jpg

18日からはじまる石原稔久さんの個展用に

片口もたくさん届きました。


取っ手付きのものはすべて形が違っています。

こんなふうに背中に小さなポチの付いた片口は

ずっと前から作られていて、今回久しぶりに。


初日の囍茶さんの中国茶のふるまいでは

石原さんの急須、蓋碗、片口、茶杯などを使ってくださいます。

石原さん、囍茶さんがお茶を淹れてくださるということになり、

急遽たくさん茶器を作ってくださったそう。

うれしいですね。


囍茶さんからは茶葉の販売もご用意いただけるそうです。


もうすぐですよ。




[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-14 14:43 | 石原稔久
石原稔久さんの花器
f0380269_13231478.jpg


石原稔久さんの花器。18日からの個展用に届いたもの。


花器はいろんなのがあって

今回のために取り組んでくださったのがよく伝わってきます。

ひとつひとつに表情がありなにか言いたげにも見えたりして。

色が塗ってあったり、こんなふうにザラッと化粧土のまま

釉薬をかけずに、はがれた様子もいかしたり。


ここに植物が合わさったらどうなるのでしょう。楽しみです。




[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-14 13:25 | 石原稔久
石原稔久さんの工房
f0380269_15153408.jpg

石原稔久さんの工房。
ここで土を削って作品が作られます。
毎日コツコツと続けることで出来上がります。


f0380269_15153977.jpg

花器と植木鉢を見せていただきながら。
すでに当店用にいくつか作ってくださってたので
見せていただいたり、他の棚にあるのを見ながら。

なんて不思議なおもしろいものを
作る人なんだろうと思いながら打ち合わせ。

作家がものを作る感覚って
想像してもやっぱりよくわからないんですよね。
なにがどうなったらこうなるのか。
でもそういう違いを楽しんでいます。

左に写っているのが石原さんです。


f0380269_15154344.jpg

三枚目は来年の干支!このあとすぐに焼かれたそうです。
個展でも確保してもらいましたので届きますよ。




[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-10 15:22 | 石原稔久
石原稔久さんの薪窯
f0380269_14585592.jpg

9月に個展の打ち合わせのために福岡の石原稔久さんの工房に
うかがったときのこと、タイミング逃してました。

今回の個展の案内状にも載せた石原さんの薪窯。
作家の工房を訪れるとみな誇らしげに窯のところに連れていってくれます。
たくさんの作品が生まれる大切な場所です。

まわりには焼いてくれるのを待っているように
大きな動物彫刻が並んでいました。


f0380269_14590067.jpg

f0380269_14590587.jpg

薪がたくさん。
お父様、奥さまの多見子さんと
3人の作家が使うので薪の準備が大変なのだとか。



[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-10 15:14 | 石原稔久
石原稔久さんの個展
f0380269_18330180.jpg

18日(土)からはじまる石原稔久さんの個展の案内状を発送いたしました。

石原さんからは、花器、植木鉢、毎年届く干支、新しいかたちの仏、
器いろいろ、ポット、一点ものの盛り鉢、蓋物、中国茶用の茶器、
大きな動物彫刻などを作ってくださったとお知らせいただいてます。

すでに先行して少し作品が届いたのですが、どれも素敵ですよ~

今回は初日に囍茶さんの中国茶のふるまいがあったり、
囍茶さんと染織のアリサトさんが作ってらっしゃる茶布も届きます。

植物がひとつのテーマということで、
K fleursさんに植物をお願いしています。
石原さんの作品にどんなふうにあわせていただけるか、とっても楽しみ。

いろいろ盛りだくさんですので、
個展までこちらでご紹介させていただきますね。
よろしくお願いいたします。



[PR]
by kurashi-yohin | 2017-11-08 18:27 | 石原稔久



大阪・阿倍野の作家ものの器のお店
by kurashi-yohin