カテゴリ:竹本ゆき子( 2 )
竹本ゆき子さんの飯碗と鉢
f0380269_19180223.jpg

f0380269_19180638.jpg

f0380269_19181062.jpg
もうすぐ広川絵麻さんの個展だ~!とワクワクしつつも、
あと少しで常設の展示が終わりと思うと寂しくもある。

特に竹本ゆき子さんや西川聡さんの器が届いたばっかりですしね。

写真は竹本ゆき子さんの飯碗。
竹本さんの器に出会ってはじめにいいなあと思ったのが
飯碗なのでちょっと思い入れあります。
上品でとてもいい形。

f0380269_19181472.jpg
これは私物の村木雄児さんの白磁豆皿。
村木さんは磁器のものもたまに作られてます。
お願いしてるのですが陶器と窯の温度が違うのでなかなか作れないそう。
でも使ってて気持ちいいのでまたお願いしてみよう。


中によそったのは天然のえびちりめん、
cotanさんのネットショップで。
ここのきな粉とか甘酒が好きでよく買ってます。

f0380269_19181792.jpg
竹本ゆき子さんから今回届いたのは
ほとんど飯碗や小皿などで、唯一届いた大きめの器がこの鉢。
竹本さんと電話でお話していて
「地味ですが私はいいなと思ってるんです」とおっしゃっていました。


玉縁になっているからか、やさしい印象。
とろっとしたあんかけご飯など、
ふんわりした料理にいいんじゃないかなと思います。
加藤良行さんの木のレンゲを添えて。


加藤さんのレンゲはあとこの二本だけです。
カレースプーンはウォールナットがあと二本。
次に届くのは10月以降の予定です。
ご希望の方はお早めにお願いします。



[PR]
by kurashi-yohin | 2018-02-25 19:39 | 竹本ゆき子
竹本ゆき子さんの粉引灰釉湯呑
f0380269_14513844.jpg

f0380269_14514201.jpg

竹本ゆき子さんから器が届きました。
湯呑やそばちょこ、飯碗、お皿、片口など小さめの器がいろいろ。

写真の湯呑は粉引に灰釉をかけたもの。
灰の灰汁や不純物を残すように釉薬を作っているそうで、
それがいい色に出ています。
粉引にかけることで縮れたようなおもしろい表情になるそう。
土と釉薬の組み合わせで変わるのを試しながら
作ってらっしゃるので、そのときだけの表情です。

竹本さんには6月に個展をお願いしています。
今回届いた器を拝見し、ワクワクと期待がふくらんでおります。

話はかわりますが、今日は16時半までの営業となります。
よろしくお願いいたします。



[PR]
by kurashi-yohin | 2018-02-20 15:02 | 竹本ゆき子



大阪・阿倍野の作家ものの器のお店
by kurashi-yohin
暮らし用品
大阪市阿倍野区阪南町1-45-15
06-6628-2606
水~金曜定休
11~18時

4月21日(土)は臨時休業いただきます。

6月5日まで常設展示中

<これからの展示会>
●竹本ゆき子 陶展
 6月9日(土)~19日(火)

暮らし用品HP
(オンラインショップ)

http://www.kurashi-yohin.com

Instagram
https://www.instagram.com/kurashi_yohin/

facebook
https://www.facebook.com/kurashiyohin

器やお店についてのご質問はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。
カテゴリ
お知らせ
石原稔久
稲村真耶
岩田圭介
寒川義雄
北村妙子
小澄正雄
鈴木努
竹本ゆき子
田谷直子
鳥山高史
西川聡
広川絵麻
松岡えりこ
村木雄児
アリサト工房
CAFE DE hanae
KiKusa
喜喜茶
ofl_momo
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
記事ランキング